種類を知ろう

割れた窓ガラス

泥棒は侵入する家を決定する場合、あらかじめ下見をするのが一般的です。少しでも普通の住宅より防犯意識の高い家は、捕まるリスクが上がりますから、避けるのが常識なのです。 ご自宅を危険から守りたい場合、必ずSDカードなどに記録ができる防犯カメラを設置するようにしましょう。防犯カメラは泥棒にとって侵入が成功したとしても厄介な代物です。後々SDカードを始めとする記録媒体に録画されていた映像から、泥棒の身元が割り出されてしまう可能性もあるため、こういった家は犯罪者は避ける傾向にあります。 防犯カメラを設置する場合、外部から見て分かる場所に設置するようにしましょう。その方が泥棒に対する威嚇になります。 防犯カメラ以外でセキュリティを強固にする場合、センサーシステムを導入するという手があります。 センサーシステムであれば、誰かが窓を開けた場合住人が分かるメリットがあります。隠していたカメラで犯人の手がかりになる映像を撮影したいなら、SDカード一体型のカメラを見えにくいところに隠しておきましょう。SDカード一体型なので小さいですし、録画機器に接続するコードもないので設置しやすいのが特徴です。

現在防犯カメラには多様な製品が存在しています。外部から見て設置が気付かれないものや、360度全方位の撮影が可能なものなど、設置する場所に合わせて選ぶ事も可能なのです。 中でも売れ筋商品と言えば、ネットワークカメラですが、こちらは7,989円ほどで購入する事ができます。ネットワークカメラは手持ちのスマートフォンやパソコンと連動して映像を確認する事ができる優れものです。 他にも満足度の高い商品として、65,880円の防犯カメラが挙げられます。満足度の理由は映像画質の美しさにあり、一般的な防犯カメラより鮮明に動画を見せてくれます。 防犯カメラの売れ筋ランキングを確認した場合、一般的に6,754円〜65,880円の間で防犯カメラを購入する方々が多い事が分かります。